« 詩:偏屈な少女の肖像 | トップページ | 洋楽:New Found Glory「Sticks&Stones」 »

2008/02/12

詩:月の光

少し明るい詩も書いてみようと思ったものの、明るい詩って難しいですね。愛とかテーマにしようと思ったけど、なんか妙な人間くささが出ていやーんな感じになりそうだったので、ドビュッシーの月の光の情景を詩として写し取ってみました。明るい詩の練習作!

オリジナリティのある表現が出来ない…やはり難しいですねー。雛形から抜け出し、かつ分かりやすい表現にするのが課題だけど、そう簡単にはできそうもありません…表現の為の表現になっても仕方ないし…
--------------------------------------------------------------------------------------
創作日時:2008/2/12
題名:月の光

頬杖をついて
窓辺から顔を出して
ゆっくり
血にかわり 夜が行き渡るのを感じる

紺青の空
皆を起こさぬよう
静かに歩むまあるい月

丘向こうの家に灯りがともり
開け放った窓から
カーテンがおやすみ、またあした
にぎやかに手を振っていた


人の声も 虫の羽音ももはや聞こえず
遠い異国からの風が草木を揺らし

聞こえる
紫のロベリアの葉を伝う
気まぐれな雨の名残が
ひとしずく ひとしずく
小池に弾かれる音だけ


花言葉を知っていますか
彼女の涙のわけを

ここには誰もいない
月の光だけが柔らかく
美しいきみを照らし出していた

|

« 詩:偏屈な少女の肖像 | トップページ | 洋楽:New Found Glory「Sticks&Stones」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40461/40094625

この記事へのトラックバック一覧です: 詩:月の光:

« 詩:偏屈な少女の肖像 | トップページ | 洋楽:New Found Glory「Sticks&Stones」 »