« 詩:ラムネ色彩 | トップページ | 詩:鉄格子の隙間から見える、真紅の世界を眺めて »

2007/09/21

詩:鉄仮面

題名:鉄仮面
創作者:雪月 紅葉
創作日時:2007/9/20

「鉄仮面」

この星を覆いつくす
かなしみが
最後に私に涙を流させたのは
カラクリを知る前
10年も前のことだ

涙は涸れ果て
すこしずつ
模様を失ってゆく

愛と
金と
正義と倫理

求めなくてはならないと
法律で決められたそれらに
祈りを捧げられない
ただひとりのわたしがいた

涙の向こう側に
何が見えるのだろう
そこにあった風景は
深い深い霧に包まれて…

|

« 詩:ラムネ色彩 | トップページ | 詩:鉄格子の隙間から見える、真紅の世界を眺めて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40461/16482568

この記事へのトラックバック一覧です: 詩:鉄仮面:

« 詩:ラムネ色彩 | トップページ | 詩:鉄格子の隙間から見える、真紅の世界を眺めて »