« 詩:郷愁のプラネタリウム | トップページ | 詩:溺れる魚 »

2007/08/02

引越し&ネット接続完了

引越しのため、ネット環境がなくなってしまい、更新が滞ってしまいました。すみません。

では詩など…
題名:穴倉の奥
製作者:Shine改め雪月紅葉(ゆづき こうよう)
製作日時:2007/8/2

「穴倉の奥」

地下鉄蔵前駅
何の関係もないだろう
遠い昔
あちらへ旅立った祖父とは

空を往くモノレールが
遠く、希望を乗せて走るなら
階段を下るこの道程は
隠した昔日の想い出を
手探りで見つけに行く旅だ

不思議な丸い三連円の記号
蝉に暑さに追い込まれ
穴倉の底で兄と涼んだ通気孔
外界と切り離され
変わらぬ景色
ここは夜の世界
わたしの内側
昔むかしのものがたり

地下鉄の線路は
黒く
焼け焦げた戦場跡のようで
青春の炎で火薬に火をつけた
強く、厳しく、どこか傷ついていた
優しい祖父のことを想い出させる

祖父が想い出なのではなく
想い出こそが、祖父だったと気付いた
雨の谷間の午後

優しかったあの頃、あの世界

わたしは
祖父との約束を
ずっと、ずぅっと
破り続けてきた気がする

|

« 詩:郷愁のプラネタリウム | トップページ | 詩:溺れる魚 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40461/15986902

この記事へのトラックバック一覧です: 引越し&ネット接続完了:

« 詩:郷愁のプラネタリウム | トップページ | 詩:溺れる魚 »