« 詩:橙色の堕落の残したもの | トップページ | 詩:帰り道 »

2007/06/04

詩:キミ去リシアト、キミヲ愛ス

このBlogに掲載された全ての創作物の著作権の一切を放棄していません。許可のない転載・加工・転用などはお断りしております。ご了承下さい。ご連絡等はこちらまでお願いします。

題名:「キミ去リシアト、キミヲ愛ス」
作者:Shine
製作日時:2007/06/04
着想など:大好きだったあの人に捧げる。

「キミ去リシアト、キミヲ愛ス」

初夏の日差し
少しだけくたびれた緑
雛たちのさえずり

雛たちだった
「僕たち」になりかけの
あの頃を想う。

 


君の元へと向かう足は
風を受けて
風車(かざぐるま)のように回り
滲む汗も
観客の驚きも
僕には届かない。

君の触れた大気
君の世界へ
僕は
虹の川を軽々と泳ぐ。

 


ロマンティストな僕
リアリストな彼女

引っ込み思案な僕
社交的な彼女

臆病な僕
臆病な彼女

不器用な二人

 

 

命は捧げた
僕は一度死んだ
しかし
わが誇りは輝きを失わず…

 


ただ
願う

キミニ幸アレト。

いつまでも
優しく
優しく
微笑っていて…

|

« 詩:橙色の堕落の残したもの | トップページ | 詩:帰り道 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40461/15315462

この記事へのトラックバック一覧です: 詩:キミ去リシアト、キミヲ愛ス:

« 詩:橙色の堕落の残したもの | トップページ | 詩:帰り道 »