« 詩:夏の終わりのその夕暮れ | トップページ | 詩:橙色の堕落の残したもの »

2007/05/25

詩をアップするきっかけ

なんでまた今頃になって詩をアップしようかと思ったか、ですが、まぁ単純に書いたものがたまったというのが1点、あともう1点が、素敵な作品に出会ったためです。与謝野晶子の「みだれ髪」の「なにとなく~」の歌に感化されてしまいました(Googleで「みだれ髪 なにとなく」で検索すればヒットしますよ)

なんてロマンティックにして色彩的な歌を書く人なんだろうと。すばらしい作品というのはジャンルに関係なく、頭の中に見たこともないが、確かにあるイメージ…というか、1つの完成された世界が広がっていくものだと私は考えています。

絵然り、文学然り、音楽然り…映像作品もそうですが、あれはそういった意味では完成されすぎていて、想像を挟み込む余地があまりないためか、文学や音楽ほどの感動を得たことは未だありませんが…。

そんなこんなで感化されてアップをはじめたわけです。またいい作品に会えるといいなぁ。そういったもののために私は生きているのだと思う今日この頃。

|

« 詩:夏の終わりのその夕暮れ | トップページ | 詩:橙色の堕落の残したもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40461/15194312

この記事へのトラックバック一覧です: 詩をアップするきっかけ:

« 詩:夏の終わりのその夕暮れ | トップページ | 詩:橙色の堕落の残したもの »