« GEVREY-CHAMBERTIN 1er CRU 'Clos Prieur'【1997】 | トップページ | masafi-オアシスの天然水 »

2006/04/01

さくらさくら

Hi350065 Hi350068桜の季節。あなたは何を想いますか?

日本人にとって、桜とは最も馴染みのある花と言っても差し支えないでしょう。美しいけれど儚く散る様に、今も昔も日本人の魂は揺さぶられてきたのではないでしょうか。

かくいう私も桜は大好きなのですが、私にとっての桜は、私の年齢に応じて姿をかえてきました。小学校から大学入学までは春のイメージ、成長のイメージでした。大学卒業式の桜は、失われた楽園のイメージでした。社会人になってすぐの頃は無為に過ごした一年への後悔のイメージ。そして今は、死に向かって歩くイメージです。

自殺願望があるとかそういうのではないんですが、20代半ばでこのような考えに取りつかれるのはいささか特殊なのかもしれませんね。また一歩私の、私を取り巻くものたちの死に近付いた、っていう寂しさや、焦りや、あとは甘酸っぱいフワフワした不思議な感情が芽生えるのです。

私にとっての桜とは、いまを生きることの大切さを教えてくれる花なのです。これからも、桜を見る度に思い出すことでしょう。

あなたにとっての桜は、この季節は、何を語りかけてくるのでしょうか。

|

« GEVREY-CHAMBERTIN 1er CRU 'Clos Prieur'【1997】 | トップページ | masafi-オアシスの天然水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40461/9380123

この記事へのトラックバック一覧です: さくらさくら:

« GEVREY-CHAMBERTIN 1er CRU 'Clos Prieur'【1997】 | トップページ | masafi-オアシスの天然水 »