« 久々に予知能力発揮。 | トップページ | さらば、愛しきワインたち。しばしの別れ »

2006/02/09

Chateau RAUZAN DESPAGNE Grande Reserve【2003】

シャトー・ローザン・デスパーニュ・グラン・レゼルヴ・ルージュ[2003]
デスパーニュ家のワイン。

パーカーさんにモンペラを超える点数をつけられているワインです。いざ飲んでみると…。

カシスなど、ベリー系の香り、鉛筆とコショウを混ぜたような香りなどなど。確かに品質はいいんだと思いますが、ちょいとスパイシーすぎてあまり好みでないかも。セラーに入りきらず保管状態があまりよくなかったこともあるのか、ワインの旨みみたいなのもあんまり感じられなくて…。

一番しっくりこない理由は、ピノが飲みたい飲みたいと思いつつも、家に飲める在庫がなくて飲んだワインですし、ミシェル・ロラン氏の味作りに少々辟易してきた所もあるのかもしれません。果実味豊かではっきりしてて、おいしいんですがやはりワインも気分に合わせて選びたいもの。365日おいしいワインなんてありえないんだなぁと思いました。そう考えると、ソムリエの皆様は大変なお仕事をされているんですね…。

ともあれ、しばらくボルドーは離れてブルゴーニュや静かなワインを飲んでみたいと思います。

P.S.抜栓して三日後(バキュバンは使用していますが)でもビンビンに元気。3日後のワインをグラスに入れて半日放置すると飲みやすくなった、ってくらいです。バキュバン4日後でグッと味わいが深くなった気がする。何だかキノコ系の匂いがほんのりするような…

価格や葡萄の構成比率からしてわりと早飲み出来るタイプか、と思いましたが熟成の可能性を感じるワインです。もう一本買って今度はしばらく熟成させてみようかしら。

【生産者】
デスパーニュ&ミシェル・ロラン
【地方】
フランス、ボルドー
【葡萄品種】
メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%
【買った日付、場所】
2006/1/3、カーヴ・ド・プティット・メゾン
【価格】
2,580円
【飲んだ日付、場所】
2006/2/9、自宅
【マリアージュ】
クラコット&ハーブ・ガーリック入りフレッシュチーズ

|

« 久々に予知能力発揮。 | トップページ | さらば、愛しきワインたち。しばしの別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40461/8584278

この記事へのトラックバック一覧です: Chateau RAUZAN DESPAGNE Grande Reserve【2003】:

« 久々に予知能力発揮。 | トップページ | さらば、愛しきワインたち。しばしの別れ »