« 2006/2/13 夢日記 | トップページ | 2006/2/17 2002ワイン水平ティスティング »

2006/02/16

BOLLA Soave Classico【2004】

ボッラSoave Classicoソァーヴェ・クラシコ2003
※写真・リンク先はヴィンテージ違いです
フレッシュではっきりしたデイリー白ワイン。

なんだかんだいってセラーの中でずーっと寝かされていたボッラ社のソアーヴェ・クラシコを飲むことにしました。通常の場合だと、安価な白は寝かせてもいいことないかもなぁなんて思ったんで。

そもそもなんでまたボッラ社のソアーヴェを買ったのかという話ですが、以前洋楽にドはまりしてた頃、あるミュージシャン(確かジャンルはソウル・ジャズなどだったかと)が、レストランに行き、「ここにはボッラのソアーヴェは置いてるかい?…え、ない?じゃあ他の店に行こう」とかなんとか言ったというのを聞いたのを思い出したからです。そんなにうまいのかよ!じゃ買お!みたいに。

さて、感想です。グラスを選ぶも、このワインの主な葡萄品種、ガルガネガ種に適したリーデルグラスはよく分からなかったので、とりあえずシャルドネ用グラスで代用。ワインの色合いはきれいで透明な黄色。ただし極微発泡してるようで、グラスの内側に気泡がたくさんついている。瓶内二次発酵かー!?

香りははちみつ、ナッツ、レモン、あと例えるならば、洋梨みたいなイメージの、クリーミーな果実の香りがするような。

口に含むとキリッと辛口で、非常に飲みやすい。食卓を囲みながら皆でわいわい騒ぎながら食事と一緒に飲むと、最高でしょうね。ただし、抜栓後30分もすると酸っぱさが増したので、早めに飲みつくすのが吉でしょう。

私の数少ない経験では、非常にスタンダートなデイリー白ワインというイメージ。イタリアワインの一般的な例に漏れず、とっつきやすい。ただし、「ボッラのソアーヴェでないといけない!」と某音楽家のように感じたかというと、私にはそうも思えませんでした。

P.S.2日目、リーデルシャルドネグラスにかわり、リーデルソーヴィニヨンブラングラスで飲みました。私の味に対する記憶が適当でなければ、シャルドネグラスに比べグッと酸味がまろやかになり、全体的にバランスがとれた味わいになりました。通常、日が経てば酸っぱくなるのが、逆に酸味が控えめになり、拍子抜けしました。リーデル、恐るべし。

【地方】
イタリア、ヴェネト
【葡萄品種】
ガルガネガ種他
【買った日付、場所】
2005/10/11、SEIYU
【価格】
999円
【飲んだ日付、場所】
2006/2/16、自宅

|

« 2006/2/13 夢日記 | トップページ | 2006/2/17 2002ワイン水平ティスティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40461/8682961

この記事へのトラックバック一覧です: BOLLA Soave Classico【2004】:

« 2006/2/13 夢日記 | トップページ | 2006/2/17 2002ワイン水平ティスティング »